クリニックブログ

048-294-0365

【診療時間】9:00~18:00 365日年中無休
※木曜日は職員研修のため午後休診。
診療する際はお知らせで告知します。

地域の保健師さんに挨拶に伺いました

Sunnyキッズクリニックの院長の若林大樹です。

早いものでクリニックの開院まで
もう直ぐ2ヶ月になります。

このまま順調に進めば予定通り12月21日に開院する事ができます。当初の予定通り年末年始も休まず営業いたします。年末年始、急な体調不良などの際には休まず営業している当院を是非ご利用ください。

子育て世代包括支援センターって知っていますか?

なかなか聴き慣れない言葉ですよね。

川口市には7カ所あり、

1つの窓口で妊娠・出産・子育て・保育に関する様々な相談がワンストップで行える場所になります。

様々な子育てに関連する相談に対して専門職(助産師、保健師)の方が対応してくれます。

お子様が生まれた際の訪問に関してもこちらのセンターが管轄して行っています。

つまりこども達に関わる事に関して全て妊娠からずっと長く相談できる場所になります。

3つの保健ステーションに訪問してきました。

クリニックから比較的近い

戸塚保健ステーション
芝、神根保健ステーション
新郷保健ステーション

に先日伺ってきました。

Blogのトップページの写真は、戸塚保健ステーションで撮影したものです。
地域の土地柄ごとに抱える問題にも少し差はあるものの、

「子育てに対する何らかの不安」

を抱えているご両親が多くいらっしゃるのが現実です。

ご兄弟が多い家庭では多く慣ればなるほど1人、1人と向き合う時間が短くなります。

また現代社会では核家族化も進み地域社会との関係性も希薄になりつつあります。

昔では、気楽にお子様のおじいちゃん、おばあちゃんにも相談できたり、子育てを経験してきた知恵などを気楽に授かることができていました。

今では子育ての支援を受けるのも難しく、また共働きの家庭なども増え、慢性疾患の定期的な受診や、予防接種、健診もクリニックの営業時間に合わせて受診しスケジュール通りに進めるのが難しくなっています。

コロナの不安も重要な要素です。

不安を過度に煽るようなマスコミの報道によりワクチン接種率が今年度に入り明らかに悪化しているという報告もあります。コロナウイルスによって将来の不確定さがさらに増え漫然とした不安を抱えるご家族も多い事でしょう

コロナにせよ何にせよ、ご家族が不安をたくさん抱えながら子育てをしているのが今の現状です。

パパやママが不安な顔をしていたらお子さんも元気にはならないですよね。

当院では

土日祝日含めた365日の営業
健診、予防接種専用の待合室の完備

安心して気軽に予防接種、健診を受けやすい環境を作っています。

ゆくゆくは子育ての不安を相談できるような場所の提供や、地域の子育て世代のご家族をつなげるような役割を持った場所を提供できればと考えております。

そのためには地域の子育て世代包括支援センターと連携し協力していくことは必要不可欠です。

開院当初はバタバタしてなかなか取り組めないこともあると思いますが、
少しでも地域の
子育て世代の「不」がなくなり、
安心して子育てをしやすい社会に川口市がなっていけばいいなと考えています。

まとめ

保健師さんの方々も、きっと自分たちの役割をもっと知っていただき、地域の子育てに参加し、お子様やお母さん、ご家族のみなさんの「こころ」と「からだ」のことや「子育て」についてサポートしていきたいと思っていると思います。悩まずに地区の保健師やクリニックの受診の際にどんな些細なことでもご相談いただけたらと思います。

もうそろそろ周辺の保育園、幼稚園へのご挨拶も始めました。

是非幼稚園、保育園などで当院のパンフレットを受け取った際は、
HPのBlogや、
Instagram

チェックしてみてください。

12月下旬の開院前には内覧会も行う予定です。

皆様にお会いできる日をスタッフ一同楽しみにしています。

ではまた。

365日診療の小児科クリニック
土曜日、日曜日、祝日も毎日診療
小児科専門医による安心の診察なら
川口市のSunnyキッズクリニックへ