夜尿症外来

048-294-0365

【診療時間】9:00~18:00 365日年中無休
※木曜日は職員研修のため午後休診。
診療する際はお知らせで告知します。

夜尿症外来

おねしょの悩み

その「おねしょ」、治るかもしれません!
「おねしょの悩み、いつまでないしょ?」

乳幼児期の夜尿を「おねしょ」といいますが、5~6歳(小学校入学前後)以降になっても「おねしょ」が続くものは、一般的に夜尿症と呼ばれています。小学校入学後は林間学校などのお泊まりの行事も増え、お子さん達もパパママ以上に「おねしょ」のことを気にしています。なかなかパパやママにも言えないデリケートな問題なので、気づいたらクリニックにご相談ください。

夜尿症、「おねしょ」は根性論ではどうにかならない

夜尿症はよくあるお子さんの症状の一つです。パパやママの性格や育て方は夜尿症とは全く関係ありません。精神論・根性論でどうにかなるものではないです。小学校入学前後まではパパ、ママは焦らずどんと構える。それ以降も続く場合にはしっかり治療をしたほうがいいのでクリニックにご相談ください。

治療の原則は3つの「お」

  • おこさない
  • おこらない
  • おちつかせる

お子さんを責めたり、パパ、ママも自分を責めないでください。お子さんはパパ、ママが思っている以上に繊細になっています。治療に関して約束が守れた時や、夜尿がなかった日はしっかりとお子さんを褒めてあげましょう。

お子さんが治療の中心

本人が夜尿症を治したいという気持ちと、パパやママのサポートが治療を継続していく上で重要です。

『おねしょ』の悩みをいつまでも『ないしょ』にせずに、 Sunnyキッズクリニックに相談してください。実は院長も幼少期は『おねしょ』に悩まされていた内の一人です。だからこそ気楽に相談してください。

こどもの夜尿症を減らす為の生活習慣の7つのポイント