小児科コラム

048-294-0365

【診療時間】9:00~18:00 365日年中無休
※木曜日は職員研修のため午後休診。
診療する際はお知らせで告知します。

こどものマスク着用に関して 2歳未満のお子様へのマスクは不要 むしろ危険!

Sunnyキッズクリニックの若林です。

健診シーズンに入り、嘱託医をさせていただいている保育園を回る日々が続いています。
先日保育士さんとゆっくりお話しする機会があり、

『子供達のマスク着用に関して』
多くの質問があったので、まとめてみようと思いました。

結論から言うと
2歳未満の子供達に関しては、メリットよりもデメリットが上回ると考えられます。

2歳未満のマスク着用のデメリットとは?

コロナウイルス の流行に伴い、外出時はマスクを着用することが、当たり前の世の中になりましたよね。
こどもたちのマスク着用には賛否両論ありますが、実は日本小児科学会からも一定の見解が出ています。
2歳未満の場合は感染予防の効果はあまりないと言われています。

理由として、

・乳幼児は,自ら息苦しさや体調不良を訴えることが難しい
・苦しい時に自分でマスクを外すことも困難。
・正しくマスクを着用することが難しい(鼻マスク、顎マスク)

以上の観点から着用していても感染の広がりを予防する効果はあまり期待できません。

 

2歳未満のマスクは不要、むしろ危険

特に2歳未満のこども達に関しては、危険の方が上回ります。

・乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので,マスクは呼吸をしにくくさせ呼吸や心臓への負担になる
・マスクそのものやおう吐物による窒息のリスクが高まる
・マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まる
・顔色や口唇色,表情の変化など,体調異変への気づきが遅れる

小児のコロナウイルス 感染症に関しての世界規模の報告

日本よりも海外ではコロナウイルス に関する小児の研究も盛んに行われています。

簡単に海外の研究をまとめると以下のような事がわかっています。

・こどもが感染することは少なく、ほとんどが同居する家族からの感染である
・こどもの重症例は少ない
・学校、幼稚園、保育所におけるクラスター発生はほとんどない

・感染した母親の妊娠、分娩でも母子ともに重症化の報告は少なく、母子感染はまれ

また米国疾病予防管理センタ(CDC)の新型コロナウイルス 感染症のQ&Aには

こどものマスク使用に関して

2歳以上のこどもが人と接するような外出をする場合にはマスク着用を勧めますが、2歳未満の子供には窒息の恐れがあるため、使用しないでください。

といった記載もあります。

また、アメリカ小児科学会(AAP)にもCDCと同様に2歳未満のこども 、特に赤ちゃんのマスクは危険と報告しています。

https://www.healthychildren.org/English/health-issues/conditions/COVID-19/Pages/Cloth-Face-Coverings-for-Children-During-COVID-19.aspx

CDCとAAPの警告に従って、アメリカの大手企業のAmazonは0-3歳の子供向けマスクの広告を自社サイトから削除しております。

まとめ

マスクをすれば感染を防げると言うわけではありません。
正しく着用できない小児ではマスク着用に伴うリスクも高まります。
こどもがマスクを着用する場合には、年齢を問わず、保護者や周りの大人が注意することが必要です。

ではまた!

365日診療の小児科クリニック
土曜、日曜、祝日も診療
川口市、さいたま市、越谷市、草加市
毎日予防接種も対応
小児科専門医による安心の診察なら
Sunnyキッズクリニックへ

365日診療の小児科クリニック
土曜日、日曜日、祝日も毎日診療
小児科専門医による安心の診察なら
川口市のSunnyキッズクリニックへ