子どもの病気

048-294-0365

【診療時間】9:00~18:00 365日年中無休
※木曜日は職員研修のため午後休診。
診療する際はお知らせで告知します。

【高熱時の対応】 もしお子さんが高熱を出したら すぐ病院にいくべき?

熱が出たら、病院にすぐいったほうがいいの?

  • 熱の高さより全身状態・発熱継続日数の方が大切
  • 脇下 首回り 股の付け根を冷やすと解熱効果+
  • 3回/日程度、熱の経過を記録する事
    お子さんの状態をしっかり観察する事が重要
  • 3ヶ月未満の発熱は緊急疾患。すぐに受診

 お子さんの状態変化で最も多いのが発熱です。休日や、夜間などかかりつけの病院がやっていないときに発熱し、受診を迷うパパやママも多いと思います。

「熱が出たら早く病院へ行き、薬をもらう必要がある」

「解熱剤はどんどん使用し、熱を下げる必要がある」

といった考えは間違った考え方であると言うことをまず覚えてください。

 

どんな時に受診が必要なの?

3ヶ月未満のお子さんの場合

たとえ真夜中でも、躊躇せずに医療機関の受診を検討してください。容態が変化しやすく、重症感染症の可能性も高い為です。

それ以外の月齢

慌てずに以下の点をしっかり評価して対応してあげてください。

  • 意識状態・顔色
  • 呼吸状態

危ない意識状態として、

  • 泣き方に元気がない
  • 機嫌が悪く、遊ばずぐったりしている
  • 痙攣をした
  • 顔色が悪い

などです。
また危ない呼吸状態として、

  • 肩で大きく呼吸をしている
  • 肋骨の部分がへこむ呼吸をしている

これらの項目に当てはまるときは、医療機関の受診を検討してください。もちろん、普段接している、パパやママからみて普段となんだか違う様子の時も受診を検討するべきと自分は考えます。

どうして熱が出るの?

発熱は、体温を高めることで、免疫を活性化させ、ウイルスや細菌などの病原体と戦う仕組みを作る機構です。その為、風邪をひいた時に体内で起こる正常な反応と考えてください。

その為熱のみで早急に病院を受診する必要はないです
しかし、高熱が続くとだんだんと体力を消耗するので、適切な解熱剤の使用や、アイスノンや、氷枕などでのクーリングをしてあげると苦痛が和らぎ、体力の消耗も少なくなります。

熱の期間が3−4日以上になる場合には、中耳炎や肺炎などの風邪以外の可能性も高まるので受診を検討してください。

 

発熱時、家では何をしてあげればいいの?

ホームケアでは、クーリングが大事

アイスノン、氷枕で首回り、脇下、太腿の付け根などを冷やすと効果があります。

これらの部位は、太い血管が表面に流れており冷却効果が高いと考えます。

おでこを冷やすと言う方法もありますが、こちらに関しては、冷却効果は少ないものの、おでこを包まれるとなんだか安心感が出ますよね?

当クリニックはおでこに関しては賛成ですが冷えピタシートを貼る場合は窒息に注意してください。

クーリング、解熱剤に関しては、苦痛を和らげる一時的な対応であることを理解してください。

病気自体を治す薬ではないので、病気自体が治らなければ、熱は下がりません解熱剤で少し下がった熱も、数時間すれば再度体温が上昇するのは、病気が治らなければ、当然の話です。

震えているけど大丈夫?もしかして痙攣?

熱が上がる時、悪寒という震えが発生します。手足が冷たくなるので、しっかり温めてください。

熱が上がりすぎると手足は暖かくなるので、熱が篭らないように冷やしてください。また、熱が下がるときには汗をかきます。その時も冷えないように注意してください。

悪寒と痙攣が分かりにくいというパパやママもいると思いますが、悪寒は寒い時に震える様な「ブルブル」した動き。

痙攣は「ガクガク」といった動きで、意識が悪くなります。わからない場合は勝手に判断せず、クリニックに相談してください。

熱性痙攣については、わかりやすく説明した記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

熱性痙攣にまつわる話 どうすればいい?ダイアップを使ったほうがいい?

発熱時、急いで病院受診や解熱剤は必要ない

以上から熱が出たらすぐに医療機関を受診し解熱剤を使用するといった考え方が正しくないことがわかると思います。

受診回数を減らす事お子さんの負担、パパ、ママの2次感染を防ぐ事につながると思います。

パパ、ママが自宅でお子さんたちの状態をしっかり観察し、ホームケアを行うことが、風邪の治療としては重要です。

パパやママの優しい姿勢が、看病を受けるお子様たちも、
「きちんと診てくれている、守ってくれている」
という安心につながります。お子さんたちのよりよい成長・発達につながると考えています。

しかし受診すべきか迷ったときは、必ず遠慮せずに医療機関に相談してください。

365日診療の小児科クリニック
土曜日、日曜日、祝日も毎日診療
小児科専門医による安心の診察なら
川口市のSunnyキッズクリニックへ

Sunnyキッズクリニック
院長 若林 大樹

院長 若林 大樹

資格

日本小児科学会 専門医

所属団体

日本小児科学会

日本小児アレルギー学会

日本周産期・新生児医学会

NCPR プロバイダー