子どもの病気

048-294-0365

【診療時間】9:00~18:00 365日年中無休
※木曜日は職員研修のため午後休診。
診療する際はお知らせで告知します。

花粉症が治る?夢の治療、子供のスギ花粉舌下免疫療法に関して

Sunnyキッズクリニック院長の若林大樹です。

今年の春は花粉の飛散量が多く、皆さんも症状が例年よりもひどく出たのではないでしょうか?

花粉症は治らないし、毎年薬を飲まないといけないんでしょ?と思っている人も多くいると思います。

舌下免疫療法をご存知でしょうか?
体質を改善してアレルギー症状を抑える治療です。体質を改善するので、症状を抑える治療とは異なり、根本治療となります。

当院でもスギ花粉の舌下免疫療法が6月から開始になります。
この記事を読むことで、舌下免疫療法の仕組み、受診の仕方、費用など詳しくわかると思います。

本日も一緒に勉強していきましょう!

舌下免疫療法って何?

舌下免疫療法とは、アレルギーとなる原因物質を含んだ内服薬を舌下に投与することで原因物質に対するアレルギーが現れないように体を少しずつ慣らしていく治療方法です。

今までの花粉症の治療が、
対処療法=症状を抑える治療
だったのに対し、

舌下免疫療法は
根本治療=体質を変え、花粉症の原因をなくす治療
となっています。

今後の長い人生、花粉症に悩む頻度が下がると考えれば、お子様に治療をすることは、大きな意味があり、お勧めの治療法です。

始める時期や期間や治療可能な年齢は?

舌下免疫療法は、短期間の治療ではなく、1〜2年間継続して内服することで、効果を確認します。
まずは1〜2年行い、効果があれば合計3〜5年間の治療を勧めています。効果があるかどうかも、まず1〜2年内服を始めてみないとわかりません。
短期間で治療を終了すると、治療終了後の効果が持続しないと考えられるため、毎日服用することを最低3-5年の継続することが必要です。

治療可能な年齢は、舌下に錠剤を1分程度保持してから飲み込める年齢、5歳以上が推奨されています。

 

受診してから治療までの流れは?

当院でアレルギーの採血検査をしていない方はまず、本当にスギ花粉症があるかどうかを、採血検査を行い確認させていただきます。

また治療開始日は薬の副作用を確認するために院内で内服後30分程度は様子を見させていただきます。

治療の副作用や体調が悪い時の対応は?

経過観察できる副作用や抗ヒスタミン薬の内服で改善する症状
口内炎
舌の腫れ
のどの違和感
口腔内の違和感
耳の痒み
鼻水
薬の内服をクリニックに相談していただきたい症状
抜歯後、口腔内の手術後、口内炎等の炎症があるとき
喘息の発作、呼吸苦などがある時
風邪や発熱など体調が悪い時
クリニックを受診していただきたい症状
のどの違和感が30分以上様子をみても改善しない時
抗ヒスタミン薬を内服しても副反応が改善しない時
ぶつぶつが全身に出る時

救急要請をしていただきたい症状
嘔気、息苦しさ、呼吸困難を強く感じる時

 

費用はどれくらいかかるの?

保険診療ですので、「子ども医療費助成」の対象です。
例えば、川口市在住のお子様は、自己負担なし(=無料)で治療を受けられます。

高校生以上あるいは大人の方の場合は、1ヶ月あたり3,000円~4,000円くらいの費用(保険3割負担の場合)となります。

まとめ

本日はスギ花粉の舌下免疫療法に関してまとめてみました。

この治療はいかに継続できるかということが大事です。
鼻炎や花粉症のために日常生活や学校生活が、どれくらい困っているかが、継続するために大事なポイントになっている気がします。

くしゃみ・鼻水・鼻づまりで物事に集中できない
お子様の症状がかわいそう
花粉のシーズンが来ると気分が落ち込む

などある場合には治療をぜひ検討してください。

毎日薬を飲むことは面倒かもしれませんが、1日1回内服するだけで長年苦しんできたアレルギー性鼻炎から開放されると考えれば、継続することもきっとできますよね?

何か治療法に関してわからないことがある場合には診察の時に聞いてください。
当院では大人の治療も行なっておりますので、花粉症で悩むパパやママも気軽に受診してくださいね。
ではまた!

365日診療の小児科クリニック
土曜、日曜、祝日も診療
川口市、さいたま市、越谷市、草加市
毎日予防接種も対応
小児科専門医による安心の診察なら
Sunnyキッズクリニックへ

365日診療の小児科クリニック
土曜日、日曜日、祝日も毎日診療
小児科専門医による安心の診察なら
川口市のSunnyキッズクリニックへ