スタッフブログ

048-294-0365

【診療時間】9:00~18:00 365日年中無休
※木曜日は職員研修のため午後休診。
診療する際はお知らせで告知します。

正しいダイエットは食事調節+〇〇

こんばんは!院長の若林です💪
自分もたまにはと思いスタッフブログを書くことにしました。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
自分は筋トレ(ワークアウト)が趣味です。

すこしでもいいのでみんなの役に立つようなダイエット知識や
自分のプライベートを少しずつお伝えできればと思います。

 

今回のテーマは前回のブログでもご紹介した。

でも正しいリバウンドのないダイエットの正解

食事制限+〇〇についてです。

このブログを読むことで、正しいダイエット方法をしっかり理解できるでしょう😁

気になる〇〇の答えは?

答えは筋トレです💪

いまだに世の中では、糖質制限+有酸素が提唱されていますよね。

ダイエットの運動=有酸素
この常識はいつ無くなるのか?
今回はのブログで有酸素運動と筋トレの役割を理解し、正しいダイエット知識を普及できればと考えています!

 

有酸素と筋トレざっくりまとめ


実はダイエットの目的
によって選択が違います。

短期間で痩せるなら
有酸素+食事制限

生涯通してリバウンドしたくなければ
筋トレ+食事制限

まずは何で痩せたいか目的をはっきりさせることが大事です。

「結婚式の為、その後デブに戻ってもいい」
なら有酸素+食事だし、

「ゆっくりでもいい、痩せてきれいな体型を維持したい」
なら筋トレ+食事制限です。

有酸素+食事制限はダイエット界の中でもチート級に一番痩せる方法です。
でもキツい炭水化物制限と、キツい有酸素運動を体型維持のために一生続ける生活を想像できますか?
ダイエットは一時的に痩せることではなく、無理なく続けられる正しい生活習慣を身につけることです。

これは自分がいつも指導しているときに一番気を付けている最重要事項です。

ざっくり、2つの違いに関して表にまとめてみました。

ポケモンで言えば

有酸素は「はかいこうせん」

筋トレは「どくどく」

一回の効果がでかいのが有酸素持続効果が長いのが筋トレです
だいたいのイメージが湧いたところでここからは少し詳しく解説していきます。

有酸素運動は諸刃の剣


上の表をみればわかりますが、有酸素をすればめちゃくちゃ脂肪も落ちるが、筋肉も落ちる。

走れば筋肉も少なくなる。これはもうしょうがない。食べれば太るのと一緒です。

有酸素のプロフェッショナルのマラソン選手がガリガリに痩せているのがその理由です。走れば走るほど無駄な筋肉はなくなるから筋肉も脂肪もない体になっていきます。

一番いいのは有酸素せずに、筋トレ+食事調節でじわじわ体重を削っていく方法です!

有酸素をやりすぎて筋肉がなくなると体重は落ちるけど、メリハリのない体になり、基礎代謝も下がる。ここから体重を維持したり、さらに減量するためにできるダイエット法は食べないダイエットだけになるから、そのうち食欲という制御不能な悪魔が襲ってきてオワル、、、。

大体ダイエットやる人は

夏までに
(もう春だからほぼ手遅れ)
結婚式までに
とか猶予がなく始める人が多いのが現状だけど、もし有酸素運動をやるとしたら、目安として20分程度、週3回程度が限度。それ以上やらないほうがいいです。
もし仮に運動する元気や時間があるなら筋トレをしたほうが断然いいと思います!

筋トレの方が断然大事です。

早く脂肪をなくしたいなら有酸素は取り入れるべきですが、長時間(30分以上)は絶対にNG。筋肉の分解スピードが早まってしまいます。

有酸素はやりすぎるとダイエットにもよくない結果をもたらします。何事もバランスが大事です。

 

保険に例えると、有酸素は掛け捨て、筋トレは積立


そのまま言葉の通りです。

有酸素は1回あたりの消費カロリーは多いが効果はその場限り。保険で言えば掛け捨て。後に残るものは何もない。

逆に、筋トレは1回あたりの効果は少ないが持続します。筋トレ後もカロリー消費がしばらく続きます。

・アフターバーン効果
・筋肉量upによる基礎代謝up

アフターバーン効果は筋トレ後24〜48時間、基礎代謝upが続く状態です。つまり2−3日ごとに筋トレをすれば基礎代謝upは永続的に続きます。まさにあとに資産が残る積み立て保険と一緒です。

アフターバーン効果知りたいやつは

ググってくれー!

っていうのもかわいそうなので、簡単に説明します。高負荷の運動をするとその後24―48h程度体の基礎代謝が一時的に上がるんだ。

気付いたと思うが、週3−4で筋トレをすれば毎日アフターバーン効果を受けられる。
マリオで言う永続スター状態

みんなも筋トレを頻回やって、
常にスター状態で輝きましょう!

目先のカロリー消費に捉われるか?
それとも長期的な目線で考えるか?

どっちを選べばいいかは自分次第。
言わずも答えは出ていますよね?

まとめ

今回は有酸素と無酸素についてまとめてみました。どっちも運動なのでやれば痩せます。

でも有酸素をやりまくって痩せると、スイッチ切れた瞬間にリバウンドします

最後に一つだけ。

急激に痩せることはやめれば急激に太るリスクがあるってこと!

 

すぐ結果が欲しいなら
有酸素

リバウンドしたくないなら
筋トレ
以上です!

次回は正しい食事調節について解説していきます!
ではまた!